絶対挫折しない!Python入門 ①〜パイソンを導入しよう!〜

スポンサードリンク
スポンサードリンク

Pythonを始めよう!

Pythonは難しい?

プログラミング初心者の間は、なかなか手を出しにくい物だと思います。難しそうだったり、上達しないだったり、

色々あるかと思いますが、Pythonは難しくなんかなくて、誰でも簡単にできます。

しかも、Pythonに至っては、他の言語に比べて、誰でも習得するのが圧倒的に簡単で上達するのも早いです。

Pythonが扱えるようになれば、仕事の幅も広がりますし、自分の好きなことができます。

ぜひこの機会にパイソンを始めてみましょう。

 

では、今回はPython超入門、Pythonの環境設定から行なっていきましょう。

 

Pythonを導入するなら『Anaconda3』一択!

パイソンを実際に使えるようにするには、ひとまずPython環境を自分のパソコンの中に入れなければいけません。

しかし、色々な記事を見てみると、pyenvだのなんだのと、ややこしいことばかり紹介されていますが、

今回ご紹介するのは、初心者でもできる、ダウンロードし、インストールするだけで、Pythonが使えるようになる

魔法のPython環境ソフト、Anaconda3 です。

・Anaconda3をダウンロード

まずはじめに、アナコンダ3をダウンロードしましょう。

以下のリンクから飛んでもらい、自分の使用しているOSに合わせて、必要なソフトをダウンロードしましょう。

Downloads

クリック後以下のようにして、ダウンロード

すると、以下のような表示が出てきますが、そのまま閉じて大丈夫です。

・Anaconda3をインストール

ダウンロードできれば、ダウンロードフォルダから、フォルダを開きましょう。

 

インストール方法は、macOS, Windows, Linuxどれも同じなので、代表してmacOSでご紹介します。

 

以下の手順に沿ってインストールしていきましょう。

『使用許諾契約』を『続ける』を選択すると、利用規約に同意するかどうかを選択する画面が出てきますが、なのも考えずに『同意』を選択しましょう。

 

次にインストール先の選択ですが、基本的にインストール先を気にすることがない人であれば、そのまま『続ける』を選択してもらって良いですが、

どこにインストールしたっけ?!ってなる人は『インストール先を変更…』を選択してください。

インストール場所を気にしない方は、以下の画像は飛ばして大丈夫です。

『インストール先を変更…』を選択した方は、基本的に下記の『自分専用にインストール』を選択するのがオススメです。

また、もっと決まった場所にインストールしたい方は、特定のディスクにインストールを選択して、インストールしたいディスクを選択しましょう。

選択後、下の『続ける』を選択しましょう。

インストール先を選択できれば、以下の手順でインストールしましょう。

パスワードを入力すると、インストールが始まるので、完了するまで待ちましょう。

 

あとは惰性なので、適当に『続ける』を選択していき最後に『閉じる』を選択しましょう。

 

・Anaconda3がインストールされたか確認する

では、インストール作業が終われば、実際にインストールできたか確認しましょう。

macOS, Linuxの方は、ターミナルを、Windowsの方は、コマンドプロンプトをそれぞれ起動させてください。

 

起動できたら、下図のように『python』と打ち込んで『Enter』キーを押してください。

すると、下図の表示になります。

この時に、網がけしている範囲を確認してみて『Python 3.6.5 |Anaconda …』という表示がされていれば、

アナコンダによるパイソンの実行環境が構築されたことが確認できました。

 

・Pythonで遊んでみよう!

まず手始めに、実行環境を整えられたら、少し遊んでみましょう。

上記でインストールできたか確認したときに、ターミナルやコマンドプロントにて『python』と入力して実行した時

カーソルの表示が『>>>』に変わりました。

 

この状態になっているのは、パイソンにもともと備わっている機能で、『インタプリタ』と呼ばれているものです。

パイソンの大きな特徴の一つなのですが、プログラムを組んでいる時に自分の書いてるコードがちゃんと動くのか気になる時に、

手軽に実行できるため、インタプリタは積極的に活用していきましょう!

 

それでは、簡単なコードを実行してみましょう。

ターミナルを開いて『python』と入力後、下記のように入力してみましょう。

そうすると、下図のような結果が表示されます。

では、次にもう少し複雑なコードを書きましょう。

『1〜100の自然数の総和を求めるコードを書きましょう』

このPythonインタプリタは、簡単な計算もできます。なので、『1 + 2』とか『10 * 34』とか四則演算は電卓と同様にできます。

なので、今回は全て入力するのが面倒な『1〜100』の自然数の和を求めることです。

『1 + 2 + 3 + ・・・ + 98 + 99 + 100』と入力してもいいですが、当然めんどくさいので、以下のコードを実行してみましょう。

\(\)

上記を入力すると、下図の結果が与えられます。

ちなみに、 1〜100までの自然数の総和は

$$\sum^{100}_{n=1}n = \frac{1}{2}\times100\times(100 + 1) = 5050$$

となります。

実際にあっているか確認しましょう。

ちゃんと『5050』という結果を得られましたね。

 

コードの理解は別記事でご紹介してるので、ここで公開している記事をどんどん実行してくことで、Pythonが上達していきます。

 

・Pythonインタプリタを終了する。

終了のさせ方は、もうバッサリウィンドウを閉じても全く問題ないので大丈夫ですが、心配性の方のために軽くご紹介すると

『quit()』

と入力するだけでいいです。

 

スポンサードリンク

この記事のまとめ

今回は、Pythonの実行環境の整え方と、Pythonインタプリタの使い方をご紹介しました。

 

次回からは、Pythonの文法についてご紹介していきます。

スポンサードリンク